MARKETING

Y.IKEDA

アカウントプランナー / 2015年入社
慶應義塾大学卒業

クライアントの真意を汲み取り、
ベストを尽くす。

トレンダーズに入社したきっかけを教えてください。

Y.IKEDA 前職ではアパレル業界で営業として働いていました。
店頭販売が中心のブランドを担当していたため、販促手法は店頭、中でも接客がメインでした。元々ファッションが好きでアパレル業界を選んだので、ファッションの素晴らしさを店頭だけでなく、もっと多くの人に伝える方法はないのかと、ある時から思い悩むようになりました。 そんな時に「PR」と「デジタル」「SNS」という手法の可能性に魅力を感じ、トレンダーズへの入社を決めました。

それでは、現在の仕事内容について教えてください。

Y.IKEDA アカウントプランナー(営業)として、食品・飲料(乳製品・お酒・ミネラルウォーター)といったメーカー様の商品の魅力を伝えるお手伝いをしています。
元々“モノづくり”に興味があり、アパレル時代も率先してデザイナーの話を聞いて、どんな想いをこめて作り上げたのか理解するようにしていました。
商材は変わっても、“モノづくり”にこめるメーカーの想いは同じです。単なる商品情報を伝えるだけでなく、そういった作り手の想いをくみ取り、消費者に伝えられるようなプロモーション設計を目指しています。
クライアントに対しては、プロとして常にベストなソリューションを提供すること、常にクライアントファーストであることを心がけています。 そのためにはクライアントの真意を正しく理解し、世の中のトレンドをキャッチし、ベストなアウトプットを考え抜く。
決して楽な仕事ではなく、精神的にハードな部分もありますが、この仕事に誇りと使命感を持っています。

どんな人がトレンダーズに向いていると思いますか?

Y.IKEDA まずは良い意味でミーハーであること。
世の中の情報やトレンドを収集するだけでなく、「それがなぜ流行っているのか」「次は何が流行るのか」そうやって思考をめぐらせるのが好きな人には、常に最先端の情報に触れられるトレンダーズは、ピッタリな環境だと思います。
また、裁量が大きく、自由に仕事を任せてもらえる会社なので、明確な意志を持っている人が向いていると思います。 受け身ではなく自ら行動を起こし、組織と会社、そしてクライアントに良い影響を与えていくような人。 意志のある人には無限の可能性がある、それがトレンダーズだと思います。

※内容は取材時時点の内容となります。

MEMBER働く仲間達