MARKETING

H.YAMAGUCHI

マネージャー アカウントプランナー /
2011年入社
早稲田大学卒業

メンバーは部下というより「仲間」。
仲間のためにもっと誇れる会社に

トレンダーズに入社したきっかけを教えてください。

H.YAMAGUCHI アパレルメーカー、メディアレップを経て2012年にトレンダーズに入社しました。メディアレップで働いていた時に、自分のキャリアに漠然とした不安を抱えていて。そんな時にトレンダーズの募集を見かけて、コミュニケーションやアイデアを仕事にするということに魅力を感じて入社を決めました。
入社当初は慣れないコミュニケーションプランニングや、トレンドを察知するための日々のインプットなど、苦労することもありましたが、今では効率的に情報収集するコツを掴み、インプットとアウトプットがバランス良くできるようになりました。社外やクライアント企業からは常に「面白いこと」「新しいこと」が求められるので、自分の枠に捉われないよう、常にアンテナをはりめぐらしています。

マネージャーとして、メンバーとはどのように向き合っていますか?

H.YAMAGUCHI 2016年に営業マネージャーに就任し、今は5名のメンバーをマネジメントしています。女性メンバーが多いこともあって、プライベートなことも含めてわいわいと何でも率直に話し合う、距離が近いタイプのマネージャーだと思います。
メンバーは部下というよりは「仲間」。一人一人がやりたいこと、描きたいキャリアを実現するために、今何をすべきなのか、何を身につけるべきなのか、仲間たちの「今」だけでなく「未来」にも常に向き合うようにしています。
そして仲間たちがもっとさらに誇りを持てる会社に成長させたいと思っています。

どんな方と一緒に働きたいですか?

H.YAMAGUCHI 私は「誰かのため」ならがんばれる、働くモチベーションが上がる、ということが多いです。そんな私にとって、チームプレーが多いトレンダーズは絶好の環境です。「自分のため」だけではなく「誰かのため」「お客様のため」「仲間のため」に働きたい、そんな人に適した会社なのではないでしょうか。
一方で、誰かが作ったルールに従ったり、決められたレールの上を走ったりするよりは、自分の手で道を切り開きたい人、自分の手で未来を作り上げたい人。そういう意志を持った新たな仲間が増えることを楽しみにしています。

※内容は取材時時点の内容となります。

MEMBER働く仲間達