MARKETING

S.NONAKA

クリエイティブDiv. エグゼクティブマネージャー /
2012年入社
慶應義塾大学卒業

マーケティングに革命を、
世の中を変えるチェンジメーカーになる

トレンダーズに入社したきっかけを教えてください。

S.NONAKA 学生時代は、広告業界・人材業界を中心に就職活動を行っていました。当時トレンダーズで開催していた「内定の達人」という採用イベントに参加したことがきっかけで、選考を受けました。
今でも印象的なのが役員面接で「君は君が思っている以上に器がある。仕組みをつくることができる人だよ」と言ってもらったこと。 当時は、『中高生の勉強あるある、解決します。』という本を出版するかどうかで悩んでいたタイミングだったこともあり、背中を押されました。
自分の可能性を広げてくれた言葉に出会えたことが入社を決める大きなきっかけとなりました。

入社してから現在までの仕事内容を教えてください。

S.NONAKA 入社直後はクライアント案件のプレスリリース記事の作成を担当していました。
その後、社内でアプリ開発の新規事業が立ち上がることに。若い世代向けのスマホアプリだったため、自分の介在価値があると思い、メンバーに立候補しました。
入社二年目には、自社メディア「ソーシャルトレンドニュース」の立ち上げに参画。マーケティングPR会社ならではのコンテンツを作り上げるとともに、早期の収益化ミッションを背負っていました。
そして現在はエグゼクティブマネージャーとして経営にも参画し、トレンダーズのサービス開発責任者として、新たなマーケティングソリューションの開発に努めています。
一貫して変わらない、そして大切にしているスタンスは、自分がそのプロジェクトや業務に入ることによって、課題に対するポジティブな”変化”を生み出していく、ということです。

トレンダーズに興味を持っている方にメッセージをお願いします。

S.NONAKA 今、トレンダーズはマーケティング業界の変化の渦中にいます。マーケティング手法のデジタルシフトが加速する中、ますます複雑化するニーズに応えるべく、“マーケティングPR会社ならでは”の手法で、業界内で前例のないサービス開発を行っています。
勝てる領域が見えているからこそ、そこに向かっていく醍醐味がある。そして僕たちのこの変化が、ゆくゆくはマーケティング業界や、世の中のユーザーの価値観を変えていくと信じています。そのためには、業界・組織・自分に対して常に“変化”を生み出すチェンジメーカーであり続けたい。チェンジメーカーとして”変化”を一緒に楽しめる方に、ぜひ、ご入社いただきたいです。

※内容は取材時時点の内容となります。

MEMBER働く仲間達