RELEASEリリース

MimiTV、宣伝会議と共同で、美容領域におけるSNSのクチコミ×店頭 連動プロモーション研究会を発足 初回の研究会に、ココカラファイン、ドン・キホーテ、PLAZAなど計4社も参加

美容メディア「MimiTV」を運営する株式会社MimiTV(所在地:東京都渋谷区、代表:黒川涼子)は、株式会社宣伝会議(所在地:東京都港区)と共同で、美容領域における「SNSのクチコミ×店頭」の連動プロモーションを考える研究会を発足いたしました。

MimiTVはコスメの新商品情報をはじめ、メイクやヘアアレンジのハウツーなどを発信する美容メディアです。TwitterをはじめとしたSNSのフォロワー/登録者の合計は114万人を超える※など、SNSに特化したメディア運営をおこなっております。また、ライフスタイルストア「PLAZA」との共同キャンペーンの開催など、流通企業と連携した施策にも積極的に取り組んでまいりました。
※Twitter・Instagram・YouTube・TikTok・LINEの合計/2020年10月14日現在

この度MimiTVが宣伝会議と共同で発足させたのは、美容領域における「SNSのクチコミ×店頭」の連動プロモーションを考える研究会です。10月6日(火)に開催した初回の研究会には、美容関連商材を扱う流通企業として、ココカラファイン、ドン・キホーテ、PLAZAなど計4社も参加。MimiTV、宣伝会議とともに、「SNSのクチコミ×店頭」の連動プロモーションについてのディスカッションや、事例の共有をおこないました。さらに、11月4日(水)には、初回の研究会でなされた議論を美容メーカーの担当者様向けに発表する報告会も実施いたします(報告会の詳細は、2ページ目をご覧ください)。

研究会発足の背景

近年、「SNSで話題となったコスメが店頭で売り切れる」という事象が多く発生するなど、美容領域のプロモーションにおいてSNSのクチコミが持つ重要性は急速に大きくなっています。特に2020年は、新型コロナウイルスの感染拡大によって生活者のライフスタイルが大きく変化。「SNSを見てコスメを買う」という流れはさらに加速していくものと考えられ、多くの美容メーカーがSNSを活用したプロモーションに、あらためて力を入れ始めています。

しかし、「SNSのクチコミ」と「店頭」の結びつきが強くなる一方で、それらを連動させたプロモーションについては業界全体で取り組みが不足しているのが現状です。

そこで、SNSに強みを持つMimiTVが「SNSのクチコミ×店頭」の連動プロモーションについての議論を発展させ、業界全体で新たな取り組みを増やすきっかけとして、宣伝会議と共同で研究会を発足しました。

報告会概要

10月6日(火)に開催した初回の研究会の内容について、以下の日程で報告会を実施いたします。

日程:2020年11月4日(水) 14:00~15:30

場所:オンラインにて実施

内容:
<第1部>
MimiTVより「ユーザートレンドと美容マーケティングにおけるSNSクチコミの重要性」
<第2部>
トークセッション「SNSのクチコミと店頭プロモーションの連携」
<第3部>
MimiTVより「化粧品の『評判』はSNSで形成される!? キーワードは『○○』と『○○』」

参加方法:下記URLよりお申込みが必要です

URL:https://www.sendenkaigi.com/event/mimi11/

MimiTVについて

「MimiTV」は「美容で自信が付いて、幸せが溢れる世界」をビジョンに掲げ、SNSに特化したメディア運営をおこなっています。コスメの新商品情報をはじめ、メイクやヘアアレンジのハウツーなどを発信することで「メイクを楽しむ人を増やすこと」を目指してまいります。
MimiTVサイトURL:https://mimitv.jp/

PAGE TOP