WOMEN IDEA CONTEST / 世界一簡単に応募できるアイデアコンテスト

 

1つのひらめきで、世界は変わる

日常の中で「こんなサービスがあったらいいな」とちょっとしたアイデアが浮かぶことはありませんか?
そのひらめきが、世界を変えるヒントだと私たちは考えます。
あなたの心の奥で眠っているものを、形にしてみませんか?
この機会を《人生と世界を変えるチャンス》に!

女性をhappyにするサービス or ソーシャルメディアを絡めたサービス

上記2点のいずれかを満たしたアイデアであれば何でも構いません。

応募資格:日本在住の全ての女性
※年齢、国籍不問。チームでの参加も可能です(人数は1チーム5名まで)

応募は4通り

メールで応募

50文字以上のアイデアを記載の上、wic@trenders.co.jpにメールで応募

ツイッターで応募

専用アカウント@womenideaをフォローして頂くと、1営業日以内にトレンダーズから相互フォローがされます。 その後、50文字以上のアイデアを記載の上、ダイレクトメッセージで応募

facebookで応募

フェイスブックページfacebook.com/womenideaに50文字以上のアイデアを記載の上、メッセージで応募

応募フォームで応募

下部のENTRYボタンから必要項目を記載して応募

ENTRY

私たちも、きっかけは1つのアイデアでした。

経沢 香保子

経沢 香保子KAHOKO TSUNEZAWA

きっかけは男性社長の多さでした

世の中を見渡すと、ほとんどが男性社長。
でも、消費の中心は女性であると気づいた時に、 男性社長に、どのような商品を女性が好むかという声を届ける女性に特化したマーケティングを事業にしようと思いつきました。

伊藤 春香

伊藤 春香HARUKA ITO

きっかけは手帳への小さな不満でした 

大学時代、自分が使っている手帳に不満を持っていました。
「なんで土日は書く欄が小さいんだろう?」
「手帳の最後に、鉄道表や世界の休日なんて載っていなくていいのに」
…そんな中で、自分の理想の手帳が徐々に頭の中ででき上がり、それをとある会社の社長に話したところ、とんとん拍子で手帳開発の話が盛り上がり、実際に、手帳の制作・販売をするに至りました。
手帳が完成した時は、1年前にはただ頭の中にあっただけのアイデアが実際に世の中に出るものになるんだな、と感動し、アイデアを持つことと、それを人に話すことが生み出すパワーを感じました。

 
RESULT

結果報告

授賞式後の集合写真

日常の「ひらめき」をサービスに!白熱のプレゼンテーション大会!

2014年4月20日に500以上のアイデアから選ばれた8組による決勝プレゼンテーションが行われました。学生から会社員、お子様連れのママまでプレゼンテーションに参加し、様々な価値観を持った女性たちが日常のひらめきを発表しました。テーマは、育児・自己啓発・旅行・化粧品開発など多岐にわたっており、女性が輝くためのヒントをたくさん得ることが出来ました。

小倉さんのプレゼンテーション

「こんなにレベルの高いコンテストは久しぶりだ!」と審査員も大絶賛!

当日の審査員は、弊社の経沢、伊藤(はあちゅう)に加え、社外取締役の夏野、会場を提供して下さったフリークアウトの佐藤 裕介さん、スペシャルゲストとして株式会社AMF/女子高生起業家の椎木里佳さんが参加しました。発表されたアイデアは、女性ならではの目線で発見したニーズを上手くサービスに落とし込めており、実現可能性が高いアイデアが多かったため、審査員からも大変好評でした。

小倉さんのプレゼンテーション

これからもトレンダーズは女性の夢を応援する機会を提供していきます!

小倉環・清水亜希子
・山田香織
「保活ナビ」

小森谷友美
「女性の人生を変える30日間アプリ」

岩崎芳
「プロの出張を検索/依頼できるマッチングコミュニティサイト」

※今回、事業賞の受賞はありませんでした。