DIVERSITY&INCLUSIONダイバーシティの取組み

次世代型「マイクロマーケティング」で新たな価値を提供し続けるトレンダーズは、1人1人にあわせた多様な働き方をサポートしています。

MESSAGEトレンダーズが目指すところ

代表取締役社長 黒川 涼子
代表取締役社長 黒川 涼子

トレンダーズは女性社員比率及び女性管理職・女性役員比率が日本企業の平均値に比べて高い水準にあり、産休育休後の復職率も100%で推移するなど、「女性が活躍する企業」であると自負しています。ただし、私たちが目指していることは表面的な数値ではなく、男女問わず、社員全員の個性が輝き1人1人が自分らしく活躍できることです。個性を輝かせるためには、個々の自由な発想や感性が活かせるビジネスモデルであり、性別や年齢・年次に関わらず誰にでも機会が与えられる、開かれた環境であることが必要です。
これからもトレンダーズは、あらゆる個性と才能が開花し、その集合体として、成長・進化し続ける組織であり続けます。

   

活動方針・背景

常に変化し続ける社会や環境に対し、社員1人1人が各自の人生に沿ったキャリアを形成できるよう、刺激と機会、そして“想定外の自分”に出会える、成長意識に溢れた環境にしたいと考えています。
トレンダーズでは社員が持つ多様性を貴重な財産と考えており、個々の違いを互いに認めて活かしあう、「ダイバーシティ&インクルージョン(多様性の受容と活用)」を推進しています。
日々変化・進化することで、働きがいのある会社を目指しています。

ダイバーシティ推進体制

経営トップである代表取締役がダイバーシティ推進体制を率い、組織を横断するため各事業部の執行役員及び人事部と連携しながら活動しています。

体制図

経営戦略における女性活躍推進

当社は創業以来女性社員比率が一般企業と比べ高く、社員の半数を超えるため、ダイバーシティや女性活躍推進が経営戦略において不可欠であると考え、経営メンバーを中心に以下の取り組みを行っています。

経営におけるダイバーシティの取り組みの監督や推進

  • ダイバーシティに関する計画や実施状況について取締役会にて報告
  • ダイバーシティに関する課題や取り組みについて、報告事項のほか取締役会及び経営会議にて役員間でディスカッション
  • 役員の評価項目にダイバーシティに関連する取り組みや成果の組み込み
  • 投資家向けにダイバーシティや女性活躍推進に関する情報の開示
  • 社外取締役がダイバーシティの推進役を担い、取り組みに対して適切な評価と指摘について役員間で共有

女性取締役を増やすための取り組み

  • 取締役、監査役候補人材を早い段階から社内で発掘し、戦略的にマネジメント
  • 昇進及び登用においてライフイベントに関わらず能力に応じて適切に選任
  • 候補者向けに現役員とのマネージャー研修を実施
  • 経営経験者または専門家の積極的な登用
  • 他社の女性役員候補人材の積極的な受け入れ

女性活躍推進のためのロードマップ

  • 2021年までに女性管理職比率を正社員比率と同等の70%以上

女性活躍推進に関する取組み

女性管理職を増やすための取り組み
  • 管理職候補人材を早くから発掘し戦略的にマネジメント
  • ライフイベント等に関わらず能力に応じて適切に選任
  • 管理職候補育成のための研修を実施
  • 社外からの積極的な管理職登用
キャリア形成・キャリアアップを支援する取り組み
  • 外部講師を招いた女性活躍のためのキャリア形成研修
    (外部女性役員によるキャリア講演、卵子凍結に関するセミナー等)
  • 出産後も活躍し続けられる人事制度(ミッションコミットメント制度)
  • 1人1人のキャリア形成に寄り添う面談制度・未来デザインシート
  • LGBTフレンドリー研修
  • 自主応募によるキャリアチェンジ制度
  • 非正規社員から正社員への転換制度
  • 派遣から直雇用への転換制度
労働時間適正化のための取り組み
  • 生産性向上による評価
  • 管理職における労働時間の把握
  • 全社を横断した業務推進のための専任部署の設置(業務の見直しによる効率化及びシステム化推進)
  • 有給休暇の連続取得推奨
  • 業務効率研修及び継続的な社内発信によるナレッジマネジメント
管理職に対する取り組み
  • 外部講師を招いた役員研修
  • 専属担当役員による管理職研修
  • 育児や介護等に関する理解促進のための研修

多様な働き方の支援制度

New Work Style

ライフステージに応じた柔軟な働き方を実現

  • テレワーク制度(全社員リモート勤務可能)
  • フレックスタイム制度(コアタイム11時~16時)
  • 時差勤務制度(始業時間9時または10時)
  • 時間外労働の免除、制限
  • 半日単位の有給休暇制度
  • 時間単位の有給休暇制度
ミッションコミット制
  • 年齢や勤続年数に関わらず成果主義による評価を行う人事制度
  • 個人目標設定を明確にした評価の実施
女性特有の健康課題に対する特別休暇

有給休暇とは別に付与される有給の特別休暇

内部通報制度

ハラスメント等規程の制定及びコンプライアンス室の設置

ベビーシッター補助

内閣府ベビーシッター割引券の配布

懇親ランチ補助

コミュニケーション活性による情報交換を目的とした支援(育休復帰または入社後3ヶ月間適用)

  • 育休復帰社員、新入社員、中途入社社員

多様なキャリアの支援制度

キャリアディベロップメント制度

半期に一度行うキャリア面談を通して職種やコースの転換が可能

未来デザインシート

中長期的なキャリアについて半期ごとにデータベース化

キャリアパス制度

マネジメントまたはプロフェッショナルコースの選択制

フォローアップ面談

短時間勤務からフルタイム勤務への移行に際し行う面談

勤務地限定制度

サテライトオフィス限定勤務

自己都合による休職制度

配偶者または家族等の環境変化に応じた休職制度

再雇用制度

自己都合により退職した社員の再雇用制度

副業制度

全社員を対象に申請制による副業を可能とする制度

Trenders Library

ビジネス書を中心とした社内図書館の運営

PAGE TOP