DIVERSITY&INCLUSIONダイバーシティの取組み

次世代型「マイクロマーケティング」で新たな価値を提供し続けるトレンダーズは、1人1人にあわせた多様な働き方をサポートしています。

INTERVIEWメンバーの声

  • キャリア形成とママ業の両立

    トレンダーズに入社したのは2011年の時でした。
    外からみていた時は、“常に新しいことにチャレンジしている会社”というイメージでしたが、入社して1年もたたないタイミングで、新規サービスづくりに参加することに。当時はプランナーという専任ミッションを持つ者がいなかったのですが、プランニング&ディレクションをメインとする部署を束ねるリーダーを任された時は驚きました。
    これまでは「点」でのサービス提案しかできませんでしたが、プランニングをしっかりできるようになると、課題解決型の、より深くて大きな提案ができるようになります。ここで一皮むけたな、と自分でも思います。
    そして、お客様の課題にもっと直接向き合いたいという思いから営業チームに異動。今度は営業マネージャーとして、違う困難にぶつかりました。今までは自分のことだけちゃんとやればよかったのに、営業は常にクライアント・ファースト。プラスして、常にメンバーの成長も担わなければいけないことへのプレッシャーもありました。
    それでもお客様やメンバーに対して本気でぶつかっていき、これまでに3度マネージャーMVPをいただくことができました。
    ここでの経験すべてが、今のキャリアにつながっていると思います。

    そして2年ほど前に出産を経験しました。産休・育休と休みが長くなると、どうしても体調やミッションについての迷いが出てきます。でも、上司や同僚が相談に乗ってくれたおかげで、こうして戻ってくることができました。
    役職を持ったままの復帰は、トレンダーズとして初めてのことです。ありがたいことに、トレンダーズは「やりたい!」と手を挙げた人には、どんどん機会をくれる会社です。“ママ・マネージャー”のわたしにも多くのことを任せてくれています。
    実は復帰前は、時短勤務でどこまでできるだろうと不安もありましたが、今は大きなやりがいを感じています。なぜなら、一度現場を離れたことで新しい視点が持てるようになり、課題を俯瞰して見られるようになったからです。自分のライフイベントで得たものをもっと仕事に活かしたい、組織作りにも貢献したいと思って上司に相談し、ボードメンバーへの昇進も果たしました。これも、ママでは初です。
    性別や既未婚にかかわらず、人を大切にしてフラットに評価をする文化は、トレンダーズの一番の魅力です。
    育児と仕事の両立は正直に言って大変です。でも、社員が誇りをもてる会社をつくりたい。これは、わたしだからこそ挑戦できる分野だと考えています。

    アカウントコンサルティングDiv.
     エグゼクティブマネージャーMさん(36歳)

  • 初めてだらけの働き方にチャレンジ

    私がトレンダーズに入社したのは2007年のこと。会社初の「新卒1期生」として採用されました。トレンダーズでの仕事はやりがいがあり、メンバーも魅力的な人ばかり。入社以来、ずっと充実した日々を送ってきました。しかし入社8年目のタイミングで、結婚をきっかけに東京を離れることに。トレンダーズを退社し、夫の実家がある長野県の企業に転職しました。
    転職先の企業でも学ぶことはたくさんあったのですが、一方で会社のカルチャーの違いにとまどう瞬間も。トレンダーズのどんどん新しいことにチャレンジする文化や、活躍する女性がたくさんいる環境は決して当たり前のことではないのだと気付かされました。
    トレンダーズでは卒業生が現職メンバーと連絡を取り合ったり、一緒に飲んだりすることが多く、私もよく近況報告などをもらっていました。ある日トレンダーズを恋しく思っていることをメンバーの1人にこぼしたところ、次の週末には元上司たちが長野まで出向いてくれて復職をすすめられるという展開に。当時はまだ「出戻り入社」をした社員はいなかったのですが、トレンダーズであれば大丈夫だと思い、再び入社を決意しました。
    しかし、当時の私は夫と長野に住んでいたため、そのまま東京で働くことは難しい状況。そこで、「リモートワーク」に挑戦することになりました。こちらも「出戻り入社」同様、会社として前例がなかったため手探りの状態ではありましたが、不安よりもチャレンジしたい気持ちのほうが大きかったです。リモートでどうしても限界がある場合には、いつでも東京で仕事ができるように交通費や宿泊費などを支援してくれるなど、会社も私の挑戦を応援してくれました。ちなみに現在では「出戻り」と「リモートワーク」、どちらも当たり前の選択肢となっています。
    このように私はトレンダーズにおいて、社内初となるさまざまな働き方を体験してきました。これは前例のないことにもどんどんチャレンジをする企業文化があってこそのことだと思います。
    そして、一度外に出たことでトレンダーズがいかに「女性にとって働きやすい会社」なのかを強く実感できました。社内の女性たちは同じ会社にいながらも、実にさまざまな「働き方」や「ライフスタイル」を実現しています。女性のキャリアに関する選択肢が増え続けている現在、いろいろなロールモデルが身近にいるというのはとても心強いことです。

    コミュニケーションプランニングDiv.
     エグゼクティブエキスパートYさん(33歳)

  • 夢は「きっかけコンサルタント」

    2012年、新卒でトレンダーズに入社しました。アカウントコンサルティングDiv.でマネージャーをしながら子会社である株式会社MimiTVの取締役をしています。
    入社1年目は「キレナビ」という美容医療事業の営業をし、その後、異動して今に至ります。
    仕事では常に自己ベストを目指していて、「トレンダーズで1番になれないなら世の中でも1番になれない!」が、私の信条です。PRのお仕事は売る“モノ”が見えません。だからこそ、人間力をあげる必要がありますし、なりたい自分に向かっている今が一番、一生懸命かもしれません。
    私はずっと“プレイヤー”でいたいと思っていましたし、世の中にインパクトを与えたい、プランニングの実績を残して、“飯田安紗美”の名前を売りたいという気持ちが強かったんです。ただ、数年前から自分の個人数字だけではなく、チーム全体の数字をみるようになって意識が変わりました。そして、2017年度は、1年を通じて一番会社に貢献した人物に贈る「Top of Trenders」を受賞。うれしくはありましたが、この時、当時とてもお世話になっていた営業統括役員が退任することになって。今度は自分が会社を守らなくてはと思いました。2017年は自分の中で大きなターニングポイントでしたね。
    就職活動をしていた時は、面接の場で「きっかけコンサルタント」をやりたいと言い続けていました。自分が将来やりたいことを宣言し続けるには勇気が必要です。ある大手企業からは、「それはうちの会社でなくてもいいですよね」とあっさり振られてしまいました。でも、トレンダーズは、「いいね! それうちで出来るよ」と言ってくれて。
    私の夢を応援してくれて、実現できるのはこの会社しかないと思って入社を決めました。

    トレンダーズでは、パラレルキャリアや副業など、個人の活動も認めてくれています。私も、2020年までに日本を盛り上げる「和OW Nation(ワオネイション)」という世代・国境を超え、和文化を伝えるプロジェクト活動を行っていて、社長はじめ社員みんなが応援してくれるんです。本当にいい会社ですよね(笑)。

    トレンダーズはチャンスに恵まれている会社です。やりたいことがあればなんでも実現できるし、頑張っただけ評価され、周囲はサポートしてくれます。ただ、待っているだけでは、チャンスが差し伸べられるわけではありません。

    トレンダーズで経験を積んだおかげで、就職活動の時に考えていた「なりたかった自分」に8割くらい近づいていると思います。今後は、ずっと夢だった「きっかけコンサルタント」としての活動と、女社長になることが目標です!!

    アカウントコンサルティングDiv.
     マネージャーIさん(29歳)

PAGE TOP